社会福祉法人 洛南福祉会(ヴィラ向島)

特別養護老人ホーム/ショートスティ/ディサービス/居宅介護支援/ホームヘルパー/デイサービス

top3.jpg

HOME > ヴィラ向島 > ショートスティ

ショートスティ ヴィラ向島

ヴィラ向島の目的

介護保険法の規定に基づき、人員並びに設備及び運営に関する基準を定め、
利用者の心身の機能の維持並びに利用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図る
適切な介護サービスを提供することを目的としています。

【運営方針】

1.ご利用者様が要介護状態となった場合においても、可能な限り居宅において、その有する能力に応じ自立した
  日常生活を営むことができるよう入浴・排泄・食事等の介護、
  その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行ないます。

2. ご利用者様の意思及び人格を尊重し、常にご利用者様の立場に立ったサービスの提供に努めています。

3.事業を運営するに当たっては、地域との結び付きを重視し、市町村、他の居宅サービス事業所その他の保健医療サービス又は
  福祉サービスを提供する事業所との連携に努めています。

ご利用料金

下記の料金表によって、ご契約者の要介護度に応じたサービス利用料金から、介護保険給付費額(9割)を除いた金額(自己負担額)を
お支払い下さい。
(1日当たりの利用者自己負担額)端数処理の加減で若干の誤差があります。

ショートステイ

1割負担の方(介護保険負担割合証をご確認ください)
1日当たりの利用者自己負担額)端数処理の加減で若干の誤差があります。

要 介 護 認 定

要支援1 

要支援2 

利用料金

従来型個室

515

636

多床室

522

637

 

要介護認定

要介護1

要介護2

要介護3

 要介護4

 要介護5

利用料金

従来型個室

711

787

866

941

1016

多床室

734

811

888

965

1039


※ 上記の一覧は保険給付(施設介護サービス費)の利用者負担(1割)に「夜間職員配置加算()」(約15円/1日)、「サービス提供体制強化加算()(20/)、「看護体制加算()(5/)、「看護体制加算()(9/) 、「介護職員処遇改善加算」(合計単位数×8.3)を含んだ料金です。加算については月により変動することがあります。(以下の表を参照ください)それに伴い、料金が変更する場合があります。

 

1日あたりの自己負担額

加算要件

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

(イ)約20
(ロ)約14

看介護職員の総数の内、介護福祉士が一定数以上の場合

サービス提供体制強化加算(Ⅱ)

7

看護・介護職員の総数の内、常勤職員が一定数以上の場合でサービス提供体制加算(Ⅰ)を算定していない場合

サービス提供体制強化加算(Ⅲ)

7

常勤の職員の内、勤続年数が3年以上ある職員が一定数以上の場合でサービス提供体制加算(Ⅰ)を算定していない場合

夜間職員配置加算

15

夜勤を行う看護・介護職員の数が最低基準を1人以上、上回っている場合。

看護体制加算(Ⅰ)

5

常勤の看護師を1名以上配置している場合

看護体制加算(Ⅱ)

9

看護職員を基準以上配置している場合

若年性認知症入所者受入加算

134

若年性認知症患者を受け入れた場合

介護職員処遇改善加算

合計単位数×8.3

一定条件により職員の賃金等の改善をしている場合

緊急短期入所受入加算

101

緊急短期入所体制確保加算を算定しており、一定条件により緊急の短期入所を受入れた場合

医療連携強化加算

 約65

一定の要件に該当する対象者を受け入れ、主治医との連携を図っていく場合

 

【別途掛かる費用として】

①送迎加算は約206/片道、別途加算されます。
②療養食加算(約20/日)
医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する療養食(糖尿病食・腎臓病食・肝臓病食
胃潰瘍食・貧血食・膵臓病食・高脂血症食・痛風食及び特別な場合の検査食等)を提供した場合に加算されます。

※ご契約者がまだ要介護認定を受けていない場合には、サービス利用料金の全額をいったんお支払いただきます。
要支援又は要介護の認定を受けた後、自己負担額を除く金額が介護保険から払い戻されます(償還払い)また、居
宅サービス計画が作成されていない場合も償還払いとなります。償還払いとなる場合、ご契約者が保険給付の申請
を行うために必要となる事項を記載した「サービス提供証明書」を交付します。
※介護保険から給付額に変更があった場合、変更された額に合わせて、ご契約者の負担額を変更します。

 

2割負担の方(介護保険負担割合証をご確認ください)

1日当たりの利用者自己負担額)端数処理の加減で若干の誤差があります。

要 介 護 認 定

要支援1 

要支援2 

利用料金

従来型個室

1030

1271

多床室

1043

1273

 

要介護認定

要介護1

要介護2

要介護3

 要介護4

 要介護5

利用料金

従来型個室

1422

1574

1731

1882

2032

多床室

1467

1621

1775

1929

2077


※ 上記の一覧は保険給付(施設介護サービス費)の利用者負担(2割)に「夜間職員配置加算()」(約30円/1日)、「サービス提供体制強化加算()(40/)、「看護体制加算()(9/)、「看護体制加算()(17/) 、「介護職員処遇改善加算」(合計単位数×8.3)を含んだ料金です。加算については月により変動することがあります。(以下の表を参照ください)それに伴い、料金が変更する場合があります。

 

1日あたりの自己負担額

加算要件

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

(イ)約40
(ロ)約28

看介護職員の総数の内、介護福祉士が一定数以上の場合

サービス提供体制強化加算(Ⅱ)

14

看護・介護職員の総数の内、常勤職員が一定数以上の場合でサービス提供体制加算(Ⅰ)を算定していない場合

サービス提供体制強化加算(Ⅲ)

14

常勤の職員の内、勤続年数が3年以上ある職員が一定数以上の場合でサービス提供体制加算(Ⅰ)を算定していない場合

夜間職員配置加算

30

夜勤を行う看護・介護職員の数が最低基準を1人以上、上回っている場合。

看護体制加算(Ⅰ)

9

常勤の看護師を1名以上配置している場合

看護体制加算(Ⅱ)

17

看護職員を基準以上配置している場合

若年性認知症入所者受入加算

268

若年性認知症患者を受け入れた場合

介護職員処遇改善加算

合計単位数×8.3

一定条件により職員の賃金等の改善をしている場合

緊急短期入所受入加算

201

緊急短期入所体制確保加算を算定しており、一定条件により緊急の短期入所を受入れた場合

医療連携強化加算

 約129

一定の要件に該当する対象者を受け入れ、主治医との連携を図っていく場合

 

【別途掛かる費用として】

①送迎加算は約412/片道、別途加算されます。
②療養食加算(約40/日)
医師の発行する食事箋に基づき提供された適切な栄養量及び内容を有する療養食(糖尿病食・腎臓病食・肝臓病食
胃潰瘍食・貧血食・膵臓病食・高脂血症食・痛風食及び特別な場合の検査食等)を提供した場合に加算されます。

※ご契約者がまだ要介護認定を受けていない場合には、サービス利用料金の全額をいったんお支払いただきます。
要支援又は要介護の認定を受けた後、自己負担額を除く金額が介護保険から払い戻されます(償還払い)また、居
宅サービス計画が作成されていない場合も償還払いとなります。償還払いとなる場合、ご契約者が保険給付の申請
を行うために必要となる事項を記載した「サービス提供証明書」を交付します。
※介護保険から給付額に変更があった場合、変更された額に合わせて、ご契約者の負担額を変更します。

 

 

1割負担・2割負担共通

【介護保険の給付対象とならないサービス】

 以下のサービスは、利用料金の全額がご契約者の負担となります。
<サービスの概要と利用料金>

日常生活上必要となる諸費用実費

日常生活品の購入代金等ご契約者の日常生活に要する費用でご契約者に負担いただくことが適当であ

るものにかかる費用を負担いただきます。

(直接施設に支払って頂く料金)

食費

朝)350円、  昼)570円、  夕)460

滞在費

1日 840円(多床室)

1日 1,150円(従来型個室)

 

テレビ代

1日 100円

実施区域外への送迎

複写物の交付

1枚につき 10円

オムツ代(1枚につき)

喫茶代

1杯 100円

 

【減額】

「介護保険負担限度額認定」
 食費と滞在費には段階によって補足給付(特定入所者(支援)介護サービス費)の対象となり負担限度額が以下のようになります。

利用者負担段階

滞在費(1日)

食  費 (1日)

多床室

従来型個室

第 1 段 階

0

320

300

第 2 段 階

370

420

390

第 3 段 階

370

820

650


(上記の減額については、各市区町村福祉介護課への申請手続きが必要になります。)
※認定証類は初回利用時・変更時には、必ず持参、提示して下さい。

【キャンセル料】

2日前までにキャンセルの申出がなかった場合 ⇒ 1,380円(当日の食費)をお支払いただきます。

 


お問い合わせ

ご相談等は下記までご相談ください。
ヴィラ向島ショートステイ 入所相談窓口
TEL:075-622-8687
short@mukaijima.jp